給与計算

給与計算

AGHRM Payrollモジュールにより、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ミャンマーにおける給与計算の法定要件を満たすことができます。

AGHRM Payrollは、各国の法令遵守に加え、以下の方法で給与計算を合理化できます。

  • AGHRM Claims、AGHRM Attendance、AGHRM Leaveとの連携により、給与計算を簡単にします。
  • 30以上の地域金融機関に対して電子給与支払いが可能です。
  • MYOB、SAP、NAV、P5、Sage、Acumatica、Quickbooksを含む著名な会計システムと互換性のあるGLインターフェイスを採用しています。
  • 給与計算コネクタは、地域企業が給与データを当社システムにインポートすることで、グループ企業間の連結給与計算を単一通貨に換算してレポートします。

AGHRMは、シンガポール企業庁が事前承認した「生産ソリューションの助成制度(PSG)」対象の人材管理システムです。この助成制度により、シンガポール国内の中小企業を対象に、最大70%の助成が行われます。詳しくは<こちら>をご参照ください

シンガポールでの給与計算について、以下の事項を遵守する必要があります。
    • 月次:中央積立基金(CPF)は、シンガポール国民や永住者が老後資金を確保できるようにする包括的な社会保障制度です。また、医療、住宅の所有、家族の保護、資産強化にも対応しています。
      • 従業員と雇用主のための CPF拠出金
      • 民族基金拠出金
      • 技能開発基金
    • 年次従業員給与所得申告書:雇用主は、翌年の 3月1日までにIR8Aと呼ばれる従業員の給与所得情報を記載した書類を提出しなければいけません。7人以上の従業員を抱える企業は、AIS(Auto-Inclusion Scheme)と呼ばれる電子申告にてこれらの書類を提出する必要があります。

パーソナルデモのお問い合わせ



マレーシアの給与計算では、以下の事項を遵守する必要があります。
    • 月次:マレーシアでの給与計算時に拠出する4つの制度があります。
      • SOCSO:労働災害の補償を目的とした社会保障制度。傷害保険制度と就労不能保険制度を通じて、従業員とその扶養家族に社会保障を提供します。
      • 従業員積立基金(EPF)は、1991年の従業員積立基金法に基づき、マレーシアの労働者の老後資金をサポートします。
      • 雇用保険制度(Employment Insurance System: EIS)は、失業した従業員が再就職するまでの間の支援を目的とした金融制度で、SOCSOによって運営されています。
      • PCB:毎月の源泉徴収所得税。雇用主は従業員の所得税を源泉徴収し、税務署(LHDN)に納付しなければなりません。
    • 年次従業員給与所得申告書:雇用主は、翌年の2月28日までに従業員に給与所得申告書(EAフォーム)を配布しなければなりません。
インドネシアの給与計算については、以下の事項を遵守する必要があります。
    • 月次
      • JAMSOSTEKとはインドネシアの社会保障制度で、特に現地従業員全員の加入が義務付けられています。
      • 源泉徴収:雇用主は、従業員に支払う給与から毎月源泉徴収し国庫に納付しなければなりません。
      • 年次給与所得申告書:雇用主は、従業員に給与所得申告書を配布しなければなりません。

ミャンマーの給与計算については以下の通りです。
    • 月次
      • 社会保険庁(Social Security Board: SSB)が、ミャンマーの社会保障制度(給付金や拠出金を含む)を管理しています。
      • 源泉徴収:雇用主は給与所得に対して源泉徴収を行わなければなりません。
    • 年次
      • 年次所得税申告:雇用主は、所得年度終了後3ヶ月以内に年次給与明細書を配布しなければなりません。